前へ
次へ

インフルエンザと風邪を見分ける体温

今はあまり見かけなくなりましたが、かつては水銀を使った体温計が良くありました。
使う前に振って差しているメモリーを下げておきます。
そしてわき等に入れておくとどんどん水銀が膨張して体温のところで止まるようになっています。
でもメモリーは42度までしかありません。
これは人の体温が42度以上にならないためです。
人の体のたんぱく質は42度以上になると固化して元に戻らなくなり生きられなくなります。
ですから体温を上げる必要があっても自らそれ以上の体温にならないようにします。
42度はギリギリの状態ですが、その前の41度や40度でもかなり人間にとっては危険な状態と言えるでしょう。
風邪をひいたときにはウイルスを撃退しようと体温が上昇しますが、せいぜい38度から39度ぐらいとされます。
しかしインフルエンザにかかるとさらに体温を上げてウイルスを撃退しようとするため40度以上になるときがあります。
インフルエンザと風邪を見分ける手段として、体温が40度を超えているかどうかを目安にするとよいでしょう。

東京のがん専門治療院

抗がん剤にも使われる遺伝子

再発予防に繋がる細胞治療

痛みを素早く取り除きます

ケガや急な痛みに強い治療院

Page Top